« オー・ヘンリー(O.Henry) | トップページ | 映画 『スモーキン・エース (SMOKIN'ACES)』 »

映画 『茶の味』 

20040614002fl00002viewrsz150x

『鮫肌男と桃尻女』、『PARTY7』の石井克人監督による、日本の美しい山里を舞台に、独特のユーモアとファンタスティックな映像表現を交えて繰り広げられる、異色ホームドラマ。公開は2003年。

ストーリー

山間の小さな町に住む春野一家。

 催眠研究所をやっている夫のノブオ(42)、アニメの原画マンとして復活第1作を自宅で作業中の美子(36)、高校1年生になるハジメ(16)と小学2年生の幸子(6)そしてアキラおじい(66)。ちょっとみんな変わっているが、家族仲良く気持ちの良い暮らしをしている。

 ある春、娘の幸子にちょっとした悩みが訪れた。ぼんやりしていると巨大化した自分が出現するのだ。校庭・縁側・プール・教室・・・・・。ところかまわず出現する『巨大な自分』。どうしたらいなくなってくれるんだろう。

 一方、息子のハジメは恋に悩んでいた。突風の吹くある日、美しい転校生アオイ(16)が現れたのだ。
女性恐怖症のくせに惚れっぽいハジメの恋はどこへ。

 そんな家族をやさしく見守るヒトがいた・・・。

石井克人監督作品の特徴は何と言っても、「芝居を感じさせない」独特の演出(木村拓哉と岸部一徳共演の、富士通FMVのCMでも惜しみなく発揮されている)であると思う。

また本作品は、監督自身がインタビューで語っている通り、「オレはこういうのができるんだ!」という若者のエゴのようなものを交えながら作った前2作品とは打って変わって、「こういう作品が観たい。だから自分が作る」というスタンスで作られた作品であり、新たな石井克人ワールドの幕開けを感じさせる。また作品の最後に意外な展開や、唐突なオチ(勿論ポジティブな意味での唐突さである)を付けるという構成は、前2作品から受け継いでいる。しかも、その手腕にはさらに磨きが掛かっており、本作品においては、その部分こそ、肝となっている。

この映画を観終わった直後の感想は「すごい映画を作る監督がいるもんだ!」という一言に尽きる。

ともかく、唯一無二の石井克人ワールドを体験して欲しい。

茶の味 グッドテイスト・エディション DVD 茶の味 グッドテイスト・エディション

販売元:レントラックジャパン
発売日:2005/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

茶の味 Original Sound Track Music 茶の味 Original Sound Track

アーティスト:サントラ,我修院達也,藤田陽子
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2004/06/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« オー・ヘンリー(O.Henry) | トップページ | 映画 『スモーキン・エース (SMOKIN'ACES)』 »

おススメレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415506/7452661

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『茶の味』 :

« オー・ヘンリー(O.Henry) | トップページ | 映画 『スモーキン・エース (SMOKIN'ACES)』 »