« 「わがまま」で「可憐」なひとりの人間として | トップページ | 人生の素敵なことは、だいたい最後のほうに起こる。 »

『ソーシャルワークの作業場 寿という街』 

非常に興味深い本があったので紹介したい。

ソーシャルワークの作業場―寿という街 Book ソーシャルワークの作業場―寿という街

著者:須藤 八千代
販売元:誠信書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

はじめに

 本書は、現在愛知県立大学助教授(社会福祉学)である著者須藤氏が1995年から6年間の間、神奈川県横浜市中区に所在する一般に「ドヤ街」と呼ばれる簡易宿泊所の密集地、寿町を所管する中福祉事務所の保護課においてソーシャルワーカーとして活動した体験をもとに執筆されたものであり、著者はその体験から寿町を「ソーシャルワークを創出した貧困が、原型のまま存在する場所であり、生と死と病という人間の根源が剥き出しのままになっている場所」、「特別な福祉活動地区、ソーシャルワークの作業場である。」と表現している。

 因みに「ドヤ街」のドヤとは簡易宿泊所を意味し、「宿」を逆さに読んだ俗称であるといわれており、寿町は「ほぼ二五〇メートル四方の米軍の接収跡地に、九六軒ぐらいの簡易宿泊所が密集して」おり、「山谷、西成と並んで日本の三大簡易宿泊所(ドヤ)街」といわれている。

内容

 本書の序章は「新しい旅」と題されており、そこには著者が中福祉事務所に配属となった当時、「女性ワーカーの寿町訪問は、男性ワーカーの同行を原則とする」というルールの存在などから女性の職場としては危険視されていた状況と、それにまつわって「忘れられない事件」として著者の知人の女性ワーカーが殺人事件の被害者になった「一つの事件」についても語られている。

反面著者は寿町を「ソーシャルワークの実践感覚を刺激する格好の場所」と捉え、「ソーシャルワークの最前線」に立ち、「絶え間なく展開し続ける作業の渦の中に入っていった。」

 具体的な活動内容としては「テーマ研究・寿地区・ホームレス問題と横浜中福祉事務所」、「寿地区の地域ケアをめぐる情報交換ミーティング」などがあり、前者は「ニューヨーク市のホームレス問題プロジェクトがまとめた報告書」の翻訳とともに七人のケースワーカーによる「グループ討議」を行いその内容を小冊子にまとめた形になったようであるが、著者はその作業の中で、「さまざまな社会の仕事のなかの、辺境におかれた仕事の部署で、深い思索が重ねられていることがわかってきた。」という感想を持ったと書かれている。そこで著者が語りたかったのは著者が「ソーシャルワークの責任」と表現するソーシャルワークの価値であったと思う。

 また本書では、著者がある期間「寿労働センターの会議室で開かれる、AAのオープン・ミーティングに参加することを仕事の柱にした」経験についても1章が裂かれている。

 そして何よりも本書の大部分を占めるのは、ソーシャルワークの実践の中で出会った寿町に生き、そして死んで行った人々との経験である。ここでも突き詰めてしまえば著者の主題は、社会福祉専門職としての価値、つまりその人々の「怒りや憎しみや悲しみ。ときに喜びや美しさなど」と一人の人間としていかに向かい合って行くのかということであったと思う。そして著者は、「人間の命を慈しめ」という結論に至ったようである。

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

人気blogランキングへ

|

« 「わがまま」で「可憐」なひとりの人間として | トップページ | 人生の素敵なことは、だいたい最後のほうに起こる。 »

福祉を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415506/34573735

この記事へのトラックバック一覧です: 『ソーシャルワークの作業場 寿という街』 :

« 「わがまま」で「可憐」なひとりの人間として | トップページ | 人生の素敵なことは、だいたい最後のほうに起こる。 »