« Forget your perfect offering | トップページ | 『キリスト教信仰和讃 その二』 »

見えぬけれどもあるんだよ

そういえば、大好きな金子 みすゞさんの詩を一度も記事にしていなかった。

星とタンポポ

青いお空のそこ深く
海の小石のそのように
夜がくるまで沈んでる
昼のお星は目に見えぬ

見えぬけれどもあるんだよ
見えぬものでもあるんだよ

散ってすがれたタンポポの
川原のすきにだぁまって
春のくるまで隠れてる
強いその根は目に見えぬ

見えぬけれどもあるんだよ
見えぬものでもあるんだよ

目には見えなくても確かに存在するものがこの世にはある。

とても単純なことだけれど私たちはついついそのことを忘れてしまう。

だからこそこの詩に出会うとき、私たちは「本当にそうだ!」と納得し、微笑まずにはいられない。

「見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ」

なんて素敵なことだろう。

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

人気blogランキングへ

|

« Forget your perfect offering | トップページ | 『キリスト教信仰和讃 その二』 »

独白ではなく、対話として・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415506/37436203

この記事へのトラックバック一覧です: 見えぬけれどもあるんだよ:

« Forget your perfect offering | トップページ | 『キリスト教信仰和讃 その二』 »