« ハンス・クリスチャン・アンデルセンの『天使』について | トップページ | 迷い子郵便の配達員 »

世界で最も有名なクリスマス・キャロル『きよしこの夜』誕生秘話

一八一八年のこと。

クリスマスに近いある日の午後、オーストリアのオーベルドルフという小さな村の教会で、小さな事件が起こりました。

村の学校の校長、グルーバー先生は教会のオルガン奏者でした。

先生は大事なクリスマスの礼拝のために練習をするため、教会のオルガンの前に座ってペダルを踏みましたが、さっぱり音が出ませんでした。先生が驚いて真っ青になりました。

先生が調べてみると、ねずみが空気ぶくろに穴をあけていたことがわかりました。

すぐに修理などできる状態ではありませんでした。

どうしたものかと困り果てた先生は、神さまにお祈りしていました。

するとそこへ、神父のヨゼフ・モール先生がやってきました。

「先生大変なことになりました。じつは、、」

グルーバー先生は事情を説明しました。

するとモール神父は微笑んでこうおっしゃいました。

「グルーバー先生。オルガンがだめなら、ギターがあります。これは私がつくった詩ですが、先生がギターでこれに曲をつけてくださいませんか?」

きよし この夜 星は光り
救いの御子(みこ)は 馬槽(まぶね)の中に
眠り給う いと安く

きよし この夜 御告(みつ)げ受けし
牧人(まきびと)たちは 御子の御前(みまえ)に
ぬかずきぬ かしこみて

きよし この夜 御子の笑みに
恵みの御代(みよ)の 朝(あした)の光
輝けり ほがらかに

その詩は前日、モール神父が、あかちゃんの生まれた山小屋の家族を見舞ったあと、雪明りの山道を下山したとき、あまりの静けさと清らかな美しさに深く感動して書いたものでした。

その詩を読むうちに、グルーバー先生の心にも、静かな感動が満ちて来ました。イエスさまがお生まれになった夜は、きっとこの詩のとおりだったにちがいない。

こうして名曲『きよしこの夜』は生まれました。

そしてその年のクリスマスの夜、凍りついた雪を踏みしめ、教会に集った村の人たちは、生まれて初めてオルガンなしの礼拝を捧げました。聖歌隊もギターの伴奏で歌うのは初めてのことでした。

そころが、そのシンプルなギターの音色と美しい歌詞の賛美歌は、その場にいたすべての人々の心に深い感動を与えました。

そしてその夜、ジレルタルの谷間に流れた『きよしこの夜』の歌は、歌い継がれて、ついに全世界をつつんでしまったのでした。

もしもあのとき、オルガンが壊れなかったら、この世界で最も有名なクリスマス・キャロルは生まれなかったでしょう。

ちいさなねずみのいたずらが、こんなに素晴らしいクリスマスプレゼントにかえられたのです。

クリスマスにはいつも素敵なことが起こります。

それはクリスマスの主イエス・キリストさまが私たちを愛してくださっている証しなのです。

※これはキリスト教会に昔から伝わっているはなしを私が再構成したものです。

皆さんにも素敵なクリスマスが訪れますように。

にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

人気blogランキングへ

|

« ハンス・クリスチャン・アンデルセンの『天使』について | トップページ | 迷い子郵便の配達員 »

独白ではなく、対話として・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415506/37826528

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で最も有名なクリスマス・キャロル『きよしこの夜』誕生秘話:

« ハンス・クリスチャン・アンデルセンの『天使』について | トップページ | 迷い子郵便の配達員 »