« 「一個人」-2010年12月号-KKベストセラーズ 保存版特集「キリスト教入門」 | トップページ | アンデルセン自伝~わが生涯の物語~より »

イエス・キリストは、愛の上に彼の王国を打ち立てている~ナポレオンの遺書より~

先日のKKベストセラーズ『一個人』の特集記事からの引用「キリスト教は信仰だけでなく、思想や文化、歴史や政治、生活にまで根づいている。」という文章を受けて、今日は、歴史上の偉人と呼ばれる人物に対するキリスト教の影響を知るのに役立つ一つの資料を紹介したい。

以下に引用するのは、かのナポレオン・ボナパルトの遺書の一部を抜粋したものである。

私は、大胆に、キリストを信じますと、
大声で告白できなかった。
そうだ、私は、自分がクリスチャンであると、
告白すべきだった。
今、セントヘレナにあって、
もはや遠慮する必要はない。
私の心の底に信じていた事実を告白する。
私は、永遠の神が存在していることを信じる。
その方に比べると、バートランド大将よ、
貴方はただの元首に過ぎない。
私の天才的なすべての能力をもってしても、
このお方と比較する時、私は無である。
完全に無の存在である。
私は、永遠の神キリストを認める。
私は、キリストを必要とする。
私は、キリストを信ずる。
私は、今セントヘレナの島につながれている。
一体誰が、今日私のために戦って死んでくれるだろうか。
誰が、私のことを思ってくれているだろうか。
私のために、死力を尽くしてくれる者が今あるだろうか。
昨日の我が友はいずこへ。
ローマの皇帝カイザルもアレクサンダー大王も
忘れられてしまった。
私とて同様である。
これが、大ナポレオンとあがめられた私の最後である。
イエス・キリストの永遠の支配と、
大ナポレオンと呼ばれた私の間には、
大きな深い隔たりがある。
キリストは愛され、
キリストは礼拝され、
キリストへの信仰と献身は、
全世界を包んでいる。
これを、死んでしまったキリストと
呼ぶことが出来ようか。
イエス・キリストは、
永遠の生ける神であることの証明である。
私ナポレオンは、
力の上に帝国を築こうとして失敗した。
イエス・キリストは、
愛の上に彼の王国を打ち立てている。

正直、私はナポレオンという人物についてそれ程多くのことを知らない。

しかし、この言葉を読むとき、私はナポレオン・ボナパルトという歴史上の一人の人格を、非常に親しい友のように感ずる。

ナポレオン、あなたもまたイエス・キリストの憐みを必要としていたひとりの人に過ぎなかったのだと。

それではあなたもまた私の友であり兄弟である。

願わくば、私たちのために天に備えられた永遠の家においては、ともにテーブルを囲み、私たちの恩人、共通の良き友であるイエス・キリストについて語り明かしたいものである。

或いは、イエス・キリストもそのテーブルに招き、幸いな永遠の中のひと時を過ごしたいとも思う。

にほんブログ村
 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

人気blogランキングへ

|

« 「一個人」-2010年12月号-KKベストセラーズ 保存版特集「キリスト教入門」 | トップページ | アンデルセン自伝~わが生涯の物語~より »

独白ではなく、対話として・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415506/37570535

この記事へのトラックバック一覧です: イエス・キリストは、愛の上に彼の王国を打ち立てている~ナポレオンの遺書より~:

« 「一個人」-2010年12月号-KKベストセラーズ 保存版特集「キリスト教入門」 | トップページ | アンデルセン自伝~わが生涯の物語~より »