« 現代の賢明な人たちに一言~オー・ヘンリー作『賢者の贈りもの』より | トップページ | 『戦場のメリークリスマス』からファーザー・クリスマスについて »

ヒロシマとチェルノブイリ~悲しみは数え切れないけど~

海の彼方には もう探さない
輝くものは いつもここに
わたしのなかに 見つけられたから

ところで、クリスマスの主であるイエス・キリストについては聖書に次のように言われている。

「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)
                                マタイの福音書1章23節

私にとって、このこと以上の慰めはない。

そしてこの慰めがこの記事を読むすべての人に届くように心から祈っている。

にほんブログ村
 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

人気blogランキングへ

|

« 現代の賢明な人たちに一言~オー・ヘンリー作『賢者の贈りもの』より | トップページ | 『戦場のメリークリスマス』からファーザー・クリスマスについて »

独白ではなく、対話として・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415506/38009369

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロシマとチェルノブイリ~悲しみは数え切れないけど~:

« 現代の賢明な人たちに一言~オー・ヘンリー作『賢者の贈りもの』より | トップページ | 『戦場のメリークリスマス』からファーザー・クリスマスについて »