« 花はどこへ行った | トップページ | 十字架の苦しみはキリスト者の家紋である »

「折伏」即「摂受」である

「神の痛みの神学」は痛みなき神を説く神学に対して「折伏」の役目を果たさねばならぬ。―中略―神の痛みの神学は二つの側面の真理を含むが故に、「折伏」もまた二つの側面に対してなされねばならぬ。第一には、神が徹底的に包み給う神たることをば否定する立場に対して。第二には、包み給う神の愛から神の痛みを押し出す立場に対して。

北森嘉蔵 『神の痛みの神学』 講談社,1999.4  第14刷発行 p.29.(強調は原著者)

しかし、この「折伏」は神の痛みの神学によってなされるが故に、それは同時にまた「摂受」でもなければならぬ。痛みにおける神は徹底的に包み給う神であった。もしこの神がなんらか他の立場に対立し、これらを単に「折伏」するのみであるならば、それはすでに自己の本質から逸脱したことを意味するであろう。神の痛みは一応自己と対立する立場をも究極においては包み生かすのでなければならぬ。これすなわち「摂受」である。しかもその際単に包むのでなく、相手をしてその抽象性を自覚せしめ、これより脱却せしめて、具体的真理に化するごとくに包むのでなければならぬ。「折伏」即「摂受」である。

前掲書 pp.33-34.(強調は原著者)

※折伏(しゃくぶく)は、仏教用語であり破折屈伏(はしゃくくっぷく)の略であり、相手の間違った思想に迎合することなく、正しいものは正しいと言い切り、相手と対話を通じて仏法を伝えること。摂受(しょうじゅ)は、折伏(しゃくぶく)に対する反対語であり、正しくは摂引容受(しょういんようじゅ)といい、心を寛大にして相手やその間違いを即座に否定せず反発せず受け入れ、穏やかに説得することをいう。

ここに「折伏」即「摂受」であると表現されている議論、或いは対話の方法は、まさにヘーゲルの弁証法におけるアウフヘーベン(止揚)、すなわち「否定の否定」である。

また北森は、同じ文脈においてキェルケゴールの次のような言葉の引用している。

「枝の鳥、野の百合花、森の鹿、海の魚、そして無数の楽しげなる人間が『神は愛なり!』と歌っている。しかしこれらのソプラノの下にあたかも潜められたバスのごとく、犠牲(いけにえ)とせられ給いし人の『深き淵より』De Profundisの声が響く、いわく、『神は愛なり!』」

前掲書 p.32.

そして北森は、この「楽しげなる人間」のソプラノのみを歌い、「深き淵より」響く神の痛みのバスを聴く耳をもたない近代主義神学の論者たちに対して「友よ、この調べにはあらず!」と繰り返し述べている。

ここで注目すべきことは、この『神の痛みの神学』において北森は「折伏」されるべき近代主義神学の論者たちを「友」と呼んでいることである。

これこそが、真にキリスト教的な議論、対話のスタンスであると私は確信する。

友はどんなときにも愛するものだ。兄弟は苦しみを分け合うために生まれる。

箴言17:17

また、恐らく理想的な弁証法は真にキリスト教的な人格においてはじめて成立するものであろうとも思う。

北森の「友よ、この調べにはあらず!」という言葉には、以下のような含みがあると私は考える。

友よ、この調べにはあらず!然るに我らの神は我らを友と呼び給う。故に汝は神の友であり我が友である。それ故我らは共に、心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、我らの神の御心の深みまでを探り求めようではないか。

北森はこう述べている。

およそ神学の性格を決定するものは、そのモティーフすなわち本音としての意図である。

前掲書 p.30-31.(強調は原著者)

そしてこの神学の「モティーフ」とは「神の痛み」であり、人間の「破れたる現実」を「徹底的に包み給う神」である。

にほんブログ村
 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ

人気blogランキングへ

|

« 花はどこへ行った | トップページ | 十字架の苦しみはキリスト者の家紋である »

『神の痛みの神学』を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/415506/43690960

この記事へのトラックバック一覧です: 「折伏」即「摂受」である:

« 花はどこへ行った | トップページ | 十字架の苦しみはキリスト者の家紋である »